今村 桃子

今村 桃子

image

プロフィール

今村桃子|Imamura Momoko

株式会社 Inner Sustainability|Chief Privacy Officer・代表取締役

1992年生まれ。システム導入コンサル、組織コンサル、ワークショップデザイナーを経て、プライバシーのある暮らしのためのデータ経済圏デザインPJTを実施。プライバシーアウェアネスを高める活動も続ける。

■大切にしている考え

"You must be the change you want to see in the world." - Mahatma Gandhi

■得意なこと

事業が生まれる仕組みを見つめ、システムの歪みに向き合います。一人の人のもつ違和感やモヤモヤは社会の歪みが出現したもの。世界のほつれや綻びを手に取り、思考し、誰かに共有したり、形にしたり、問いを投げたりします。議論や対話の土台を作ります。

■キーワード

システムシンキング、システムアウェアネス、非暴力コミュニケーション(NVC)、Two Loops、ディープデモクラシー

■経歴

2017年 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻にてアジア都市環境保健学際コンソーシアムプログラム修了とともに修士号を取得。

2017年 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社に新卒入社。大企業の事業変革に伴うシステム刷新(RPA、AI)と新規事業創出のためのリサーチ業務に従事。

2019年より、人間中心主義のビジネスデザインを探求し、コミュニケーションデザインの領域に活動領域を移す。スタートアップ企業、エグゼクティブ・コーチング企業、コモンズ投信株式会社、fascinate 株式会社の支援を通してワークショップ作りを繰り返す。

2020年 任意団体 Inner Sustainability Lab を立ち上げ、メディア運営とプロジェクトの企画運営を行う。

2020年 編集デザインファーム inquire にてシステム思考の学習設計とファシリテーションを担う。その後も個の全体性を包摂するような場作りプロジェクト Flask の立ち上げ、University 構想に携わる。

2020年 一般社団法人 Privacy by Design Lab を共同設立。国内企業に向けてプライバシーガバナンスの普及啓蒙を進める。国内初の取り組みとなるプライバシーポリシーの第三者レビューを実施。

2021年 株式会社Inner Sustainability を設立。プライバシーバイデザインを社会実装するプロジェクトを推し進める。

プライベートでは、2013年よりビジネスパーソンの朝活団体 Learny Birds に参加。知の探求、組織の越境の場を、リーダーとして累計200回の勉強会の企画運営を行う。英書"Regenerative Leadership"を愛読し、人間らしさ・自然の叡智をイノベーション・組織のエコシステムのデザインに活かすことに注力する。川崎市では、ビジョンマップを活用した選挙政策の提案やまちをジャーナリングする活動の啓蒙を行う。千葉市では認知症患者のライフスタイルに未病領域から取り組む。

■実績

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)にて経済産業省・総務省の『DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブック』勉強会の設計・ファシリテーションを担う。

■執筆

2021年2月に開催したプライバシーリスクの当事者研究について執筆しました。

現・一般社団法人 Ecological Memes が2019年12月に開催した Ecological Memes Forum 2019 〜"あいだ"の回復〜で執筆しました。

■執筆協力

世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターが2021年4月に発行した白書「Sharing Data and Fostering Public Trust and Willingness」に執筆協力しました。

■Inner Sustainabilityのサービスについて

  • ユーザー中心型のデータ経済圏デザインPJT
  • データ経済圏のプライバシービジョンメイキングPJT
  • プライバシーアウェアネスを高める教育研修PJT

従来のデータの流れには歪み・滞留・不透明さがあり、ユーザーの不信と社員の不安を生んできました。株式会社 Inner Sustainability は、データ経済圏の内側に循環をもたらします。

執筆記事

すべての記事